童貞

4/5ページ

弟が妻子持ちになった今でも…

私は31でバツ1で美容室オーナーです。 弟は28で妻子持ちで 会社勤めをしています。 弟と関係を持ち出したのは 私が高1の頃からです。 きっかけは 弟がオナニーをしていたのを観てしまいその時 何年振りかで 弟のオチンチンを見ました。 小さいときは何時も一緒に お風呂入ったり 一緒のベッドで寝ていました。 いつの間にか二人それぞれの部屋を持ち以来 久し振りに見た 弟のオチンチン! そして射精。 よく […]

大人しくて恥ずかしがり屋で彼女も出来ない弟

私にはとても可愛い弟がいます。 しかし弟はおとなしくて恥ずかしがりやなので彼女も出来ません。そんな弟に自信をつけさせるため一芝居を打つ事にしました。 両親が法事で留守の時、軽くお酒を飲んで酔った振りして家に帰り玄関で倒れた振りをしました。 「もうお姉ちゃんはこんな所で寝たら風邪ひくぞ」と言って私を抱き抱え部屋に運びべットに寝かせました。予定どうりだ。 「ほら服がシワになるぞ」と言って脱がせ始めまし […]

童貞を卒業させてくれた叔母さんとの体験談

あれは私が高校1年の夏に始まった。 それは母親の5番目の妹のS叔母さんとのSEXだ。 夏休み、両親は会社の夏休みで2週間海外旅行に行くことになった。 その間、母親が私の面倒をS叔母さん(当時確か36歳)に頼んだことからだ。 S叔母さんはご主人が単身赴任で海外出張中で、子供はいなく時間的に余裕があるためだった。 もちろん私一人でも食事の用意等身の回りのことはすべてやれたが、あえてS叔母さんに頼んだよ […]

泊まりに来た中学生の従弟を誘惑して筆下し

里菜25歳、彼氏いない歴6年になります。 最近やけに性欲が強くて欲求不満で、妄想ばかりしてます。 特にショタの妄想が多いです。 朝から通勤途中に見かける高校生や中学の男の子を見かける度にイケない事を考えていますが、勇気が出ず行動に移せないので仕事にも身が入りません。 職場は実家から車で20分程の距離に有り、女が8割も占める会社のため出会いがなく、両親からも結婚の話しばかりでうんざりしています。 私 […]

義兄の知らない姉ちゃんとの関係

中学2年生の春休みに姉ちゃんが家に遊びにおいでと言ったので遊びに行った 姉ちゃんは結婚して3年になるがまだ子供いないから暇があるようだ 夕食は俺の好物がテーブルに並んだ 食事は義兄と3人でした 美味しかった 食後はリビングでテレビ見ていた 姉ちゃんはキッチンで食器を洗っているふと見ると義兄が傍にたって右手を姉ちゃんのお尻に当てて摩るような事をしている あまり見てはいけないと思い、顔をテレビの方にむ […]

いつもオッパイを吸わせてくれた母からのご褒美

母に小学生の頃から溺愛されて、お風呂も母とずっと一緒で裸も見ていた。 わずかに開いた両脚の間にワレメが見えるのは毎日だった。 浴槽が大きく二人でも入れるので、母と入るのが普通でした。 『ねえお友達にお母さんとお風呂が一緒なんて、言ってはだめよ』 母とお風呂に入るなんて、誰にも言わずにいたんです。 僕のチンチンも母がお風呂で少しづつ剥かれていて、 『ここは徐々に、出さないといけないのよ』 母に優しく […]

オカズにしていた美人の姉とついに・・・

最近姉ちゃんとやってしまった。なんか今複雑な心境です。 オレは大学3年。姉ちゃんは25歳です。姉ちゃんはかなり美人でオレはそんな姉ちゃんが好きだった。 姉ちゃんは銀行に勤めていて、週末は高校時代から付き合ってる彼氏の家に毎週泊まっていた。 オレは週末はいつも姉ちゃんの下着をタンスからとり出してオナニーしていた。 オレが姉ちゃんのパンティーを嗅いでシコシコしていると・・・・ なんと姉ちゃんがオレの部 […]

姉というより家の中にセフレがいるという感じ

僕が高校1年で16歳のとき、友達から教わったばかりのオナニーに明け暮れていました。 もちろん童貞でした。 僕は姉と同じ部屋だったので、最初のころは姉が留守のときだけオナニーをしていました。 姉は3つ年上の19歳でOLでした。 平日は朝早く出勤して、遅く帰ってくるので、安心してオナニーすることができました。 しかし、週末は姉と同じ部屋にいるので、オナニーできず悶々とすることもしばしばでした。 僕と姉 […]

両親が留守の日に高1の弟とHしちゃいました

高3の真夏のことです。親が親戚の結婚式にいって、一晩だけ私と弟と二人で過ごしたとき、Hしちゃいました。 弟は高1で、高校になってからなんとなく、男っぽくなってきて、朝とか、あそこがとがってるの見かけたりしてたので、私のほうがちょっと弟に興味ありでした。 弟とは小5までお風呂にはいってたけど、ひさしぶりに入りたいなあ、って思って、軽い気持ちで「いっしょに入ろっか」って声をかけました。 弟も「いいよー […]

父と離婚してホステスを始めた母の姿に興奮して・・・

父親が女と家から出ていったのは僕が子供の時。 身寄りのない母はまじめに事務で働き僕を育ててくれました。 堅実な暮らしでしたが所詮事務務めでは限界がありもっとお金が欲しいと思ったのでしょう事務に加え夜の水商売、スナック勤めホステスを始めました。 僕の大学の進学資金を貯めなければと考えていたと思います。 今から考えると母の苦労も考えず我がままの言い放題だったと思います。 勤めはじめは僕もけっこう自由に […]

1 4 5