中出し

1/10ページ

息子に犯されたあの日から快楽に目覚めました

夫との別居が決まってすぐでした。 まあ相手の女性と子供まで出来てしまったのでは、あれこれ言ってもしょうがなく別段暮らしに困るわけでもなくさばさばしたものでした。 今年高校3年の息子は、付属の大学に問題なくすすめる状態ですのでかなり遊びまわってました。 セックスに関しては私は何度か他の男性ともありました。 でも流れの中でセックスするというかのめり込むこともなく、特別好きではないという程度。 まあイク […]

パパとの近親相姦で産まれた子

私がパパと寝たのは11才の初潮を迎えた一週間後。 ママから泣きながら綺麗なドレスを私に着せ、初めて薄いながら化粧をし、子供の頃から休みの度に遊びに行く伊豆の別荘へとつれて来られました。 ママもいつもより綺麗ないでたちをし、めったに付けない真っ赤なルージュをさし・・・・思えば私のパパは、多くて週に一度、少ないと月に一回程度しか家には顔を出さない人で、私やママにとてもやさしく、ただ普通の家のとは少し様 […]

いつでも安全日な従姉妹のマンコは過去最高の名器だった

俺32歳。親父の後継ぎで、小さな会社の専務(名ばかり)をしてます。 勿論、結婚して子供もいます。小◯生と幼◯園。 そんな家族で、夏休みに温泉旅行に行きました。 2泊して、周りの観光もすませ、俺の責任は終わったとばかりに帰途につきました。 カミさんも子供達も満足した事と、自己満足しながら運転していました。 その時何となく叔父の家が近くに在るのを思い出しました。 もう何年も会っていない叔父。 母の兄で […]

妹を睡眠薬で眠らせ処女を奪った体験談

妹の裕子は大学1年になってから、上京して一人住まいで通学を始めました。 勉強ばかりしていて彼氏を作る暇もなく、ただめちゃめちゃかわいい顔してます。 完全な処女です。 ある日、おれは、会社の出張で一晩止めてもらうことになりました。 かねてから狙っていたおれは、妹が風呂に入っている間に、ジュースに睡眠薬を入れ、先に別室で寝たふりをしていました。 2時間くらいたってゆっくりと、妹の寝室に侵入し、指先で手 […]

双子の甥たちとの関係

32歳の美咲(仮名)です。 現在、10歳上の姉の双子の甥達(17歳)と関係を持っています。 始まりは旅行先で次男の方に迫られて丁度彼氏とも別れて半年も経っており身体が疼いていたので形だけの抵抗でセックスしてしまいました。 次男は初めてでしたが、若い男の子なので逝っても直ぐに回復し、お口とアソコに4回も出してくれ私も2度逝ってしまいました。 それから次男とは周囲にバレないように週に2回くらい関係して […]

JKの従妹に誘惑されて終には中出しまでしてしまった

俺が25歳の時の話。 従姉妹が高2の17歳で、逢うのは7・8年ぶりでした。 その日、たまたま逢った俺たちは昔話をしてて俺が煙草を吸い出すと従姉妹も「ちょうだい」と言ってきて「お前煙草吸うんか?」と聞きながら煙草を出した。 偉そうに吸ってるのを見て思わず笑っていたら「何よ~」って恥ずかしそうにしてた。 その日はそのままお互い帰ったんだけど、次の日俺は休みで家に居たら4時ごろ誰か来たので玄関を開けると […]

お前ら妹が逆に快楽を求めるようになったことはあるか?

俺が始め手を出したのは中◯3年で妹は小◯6年だった 寝ている妹の部屋に入り、指でマムコ周辺をゆっくり撫で続けていたら 始めは嫌がっていたが徐々に足を開いてきたので・・・ その後、いやいやをする妹に何度か迫っては関係は続けていたんだ。 でも、断っておくが挿入はしていない。だからこそ続いたんだろうと思う。 しかし妹が、高校になると俺は就職で九州に行くことになり その関係は終わった・・・かに見えた。 年 […]

不倫しているお母さんを取り戻したくて母子相姦

僕が中学の時に父が単身赴任で、息子の僕と母だけの生活になりました。 単身赴任一年目は、お母さんも普通でした。 二年目になりお父さんがお盆休みに戻って来てた時は、お母さんニコニコでしたが休暇が終わり、お父さんが赴任地に戻ってしまうとお母さんは、パートを始めました。 パートに慣れてきたお母さんは、少しずつ変わっていきました。 中学になってから僕は、お母さんの下着をおかずにしてオナニーをするようになって […]

1つ違いの弟に突然告白され受け入れてしまいました

私には1つ違いの弟がいます。 私と弟は昔から仲がよかったんですが、高校くらいになっても仲良しのままだったので、夜とかは毎日のようにお喋りしたりしていました。 弟と恋愛話とかをしていたら、唐突に弟に「俺は姉ちゃんのことが好きだ。」と告白されてしまいました。 本気にしていなかったので、「私も弟のこと好きだよ。」とか、言っていたら弟に急に抱きしめられて、キスしようとしてきました。 びっくりしたのでちょっ […]

突然の雨に凍える私を優しく暖めてくれた兄

これからお話しする事は去年の2月頃の事でした。 私は当時某私立高校に通う二年生でした。 通学には自転車を使用し片道約40分の道のりです。 その日は朝から快晴、雲一つ無い澄み渡った青空が眩しかったのを覚えています。 そんな空を見て誰が雨を予想するでしょうか? お昼を過ぎた頃から雲が出始めて、帰宅時間の頃には今にも雨が降り出しそうな真っ黒な雲が空一面に立ち込めていました。 私は降られる前に帰ろうと急い […]

1 10