admin

1/26ページ

お姉ちゃんとのセックスが一番気持ちよかった

はじめまして!HN:光矢(こうや)と申します。僕の初Hは中学2年生の冬でした。その頃、つきあってる彼女なんていなくて、相手は僕の実のお姉ちゃんでした。姉は僕より4コ上でその時高校3年生。今時の女子高生のようなチャラチャラしたところはなかったのですが、部活にも勉強にも熱心なマジメなひとで、それでいて明るくて優しくて、弟の僕のこともよく面倒みてくれました。 勉強をみてくれたり、両親が帰るの遅い日は夕食 […]

性に無知だった小学生兄妹の思い出

昔、小学校三年生の時、三つ上の兄のオナニーを手伝ったことがあります。 その頃は一緒の部屋で、私は学校から帰宅すると机で宿題をしていました。 横には兄の机があり兄はマンガを読んでいました。 すると兄が突然ジャンプするみたいにイスから飛び降りると、 ズボンとパンツを下ろし脱ぎ捨てました。 そして自分のモノをまじまじとみています。兄のモノは勃起して天井を向いていましたが、 当時の私は性の知識などなかった […]

あそこは彼のもの・・・アナルは父のもの・・・

母が同窓会で、2泊3日の旅行に行った日でした。 その日、父に「9時(夜)までに帰ってこいよ」と何度も何度も言われたのに、私は母がいないことをいいことに、友達と結構遅くまで遊びまわってた。。 家に着いたのが、11時も過ぎていた。 家の電気がついていて「怒られちゃうかな。。。」って、そっと玄関を開けたら、父が出てきた。 「今何時だと思ってるんだ!!!」とすごい剣幕で。。 「友達と遊んで帰れなかったんだ […]

母が僕の前で脱ぐなんて

僕は18歳高校3年、来年卒業で就職する考えです。 父と離婚が中学卒業後でしたが、実は離婚する前父が不在になり、僕の部屋にきていた。 母が僕のベッドの淵に座り、僕は机の椅子に座り母の方に向いて 母が話しを始めてました。 『あのね・・・・お父さんと離婚するの・・・』 「え!なんで?」 僕は18歳高校3年、来年卒業で就職する考えです。 父と離婚が中学卒業後でしたが、実は離婚する前父が不在になり、僕の部屋 […]

中学生の頃からオナニー狂いだった妹

私も妹も学校に行っていた頃のことです。今となっては懐かしいような思い出です。 私が妹のオナニーを初めて見たのは妹が中学2年で自分は高校に入った年だったと思います。 その日、もう夜の10時頃だったのですが、妹の部屋の前を通る時、ドアが少し開いていたので、何げなく覗いて見ると、妹の机に座って勉強している姿が見えただけでしたが、その様子が何となく違っているので、思わず立ち止まって、そっと覗いていました。 […]

無防備すぎる姉貴のマンコに

姉貴は昔から無防備すぎる。 姉貴が中学生の時、風呂上がりにバスタオル一枚で家中を歩き回り、高校生になれば下着姿で俺の部屋に入ってきては俺のベットに寝るのが日課だった。 そんな姉貴と同居生活、今でも変わっていない。 ある日 俺「いい加減にしろよ!家の中だからって下着姿でウロウロすんなよ!」 姉「いいじゃん別に(笑)よう君とうちは姉弟だし」 俺「姉弟だからって俺はお・と・こ!!」 姉「あ~なるほど」 […]

両親の留守に弟とお互い初エッチ

高3の真夏のことです。親が親戚の結婚式にいって、 一晩だけ私と弟と二人で過ごしたときHしちゃいました。 弟は高1で、高校生になってからなんとなく、男っぽくなってきて、 朝とか、あそこがとがってるの見かけたりしてたので、 私のほうがちょっと弟に興味ありでした。 弟とはお風呂にはいってたけど、 ひさしぶりに入りたいなあ、って思って、 軽い気持ちで「いっしょに入ろっか」って声をかけました。 弟も「いいよ […]

1つ年下のお義姉さん

10才上の兄の嫁は36才、俺35、週2回ペースで兄の家で兄の友人たちと、古代中国文明の数学的研究会をやってる。 平たく言えば麻雀だ。 家に行って兄嫁の顔を見るたびに「Kさん今日もきれいね」と言うのが挨拶代わりだった。 実際美人でそそる女性だ。 お嬢様学校を卒業してそのまま兄と結婚したので、体は兄しか知らない。 ある日、メンバーが多くて待ちになってたおれに、兄が「お前暇だろう?嫁を飲みにでも連れって […]

父と妹にレイプされ処女を奪われた

私の家族は、お母さんと私と妹の3人です。 本当のお父さんは私たちが小さいときに亡くなって、それからは3人女世帯でした。 女だけだとやはり夜とか怖かったです。ちょっとした物音でみんな飛び起きてしまいます。 でもお母さんは、私(高3)と妹(高2)が高校生になると再婚しました。 実は数年前から付き合っていたようでしたが、私たちが高校生になるのをきっかけに、再婚したようです。 やはり家に男の人がいると安心 […]

妹に・・・一時の欲望は一生の後悔

あれは正月明けの月曜日のこと。 金曜日から日曜日まで1時間睡眠くらいのほぼ徹夜で受験勉強していた一歳下の妹。 月曜日に学校行く時も前日は1時間ほどしか寝てなかったらしくかなり疲れてた様子だった。 夕方、1日中テレビを見てごろごろしていた俺。 夕焼けが眩しく、それは家の中を赤と黒に分けていた。 やがて妹が帰ってくる。少しアンニュイな気だるい時間。 普段なら、そのままテレビを見ながらソファに寝転がって […]

1 26