AX オナニーをしていた弟の包茎ちんちんを剥いてフェラしてあげた | 告白!みんなの近親相姦体験談

オナニーをしていた弟の包茎ちんちんを剥いてフェラしてあげた

私は長野に住む中3の女の子です。

今日小6の弟エイジのオナニ~を目撃しました。
エイジはかなりマセていて幼なじみの子と初体験も住ませていて、私とは今でも一緒にお風呂に入る甘えん坊で可愛い子です。

エイジは女の子見たいな顔つきでZONEのマイコに似ているとか横顔は少し外国人みたいな感じだとかいわれます。

はっきりいって私は弟が大好きです。
そのエイジにちょっとした用事があって部屋に入っていくと…

エイジが壁に寄り掛かり下半身に布団をかけてなんか怪しいなと思ったんですが知らんぷりして捜し物をするふりをしながら横目でみたら肩がと布団が小刻みに揺れていたので

『エイジ。なんか変な事してるでしょ。』っていったら
『な…なんにもしてないもん』

っと言うので

『フーンじゃあお姉ちゃん捜し物見つかったから帰るね』

といって帰ると見せ掛けておいて布団をはぎ取ったら。
ズボンとパンツを足首まで下ろして下半身すっぽんぽんになっていました。

うらやましいほど細い太ももの真ん中に見慣れた。
豆みたいに小さいおちんちんが見えました。

ちなみにエイジのおちんちんは長さが約2m程で勃起しても5cm程で、毛はまだ生えてないのでツルツルです。
先っぽまですっぽり皮が被っていて、その皮が梅干しの用にクチャっとなっていて、勃起しても皮が被ったままの可愛いおちんちん。

色は少し色黒(肌も少し黒め)。

タマタマもすごく小さくて全体的に赤ちゃんの様なおちんちん♂です。
こんなおちんちん♂でよくエッチしたな~とおもいます。

本題に戻りますが
布団を捲った時一瞬その小さいおちんちん♂が丸見えになりエイジは慌てて隠しましたがもう遅いです。

『エイジなにやってんのかな~?いままでのことも含めてお母さんに言っちゃおうかな~』と意地悪そうに言うと
『それだけはやめて』

と泣きそうになりながら言うので

『じゃあ何してたのかお姉ちゃんにいってごらん』っというと悲しそうに
『おちんちん♂いじってた…』

というので

『オナニ~って言えばイイのに。お姉ちゃんに触らしてくれるよね。触らしてくれないと言っちゃうよ』

というと素直に手をどけました。
そうすると可愛いおちんちん♂がピョコンとあらわれました。

最初はちょっと勃起してたのにもう縮んでいました。
しかし縮んだおちんちん♂の先から少し我慢汁が出ていました

『縮んじゃったねでもお姉ちゃんが大きくしてあげるから』といったらエイジは
『やめてよ~』といってました。

私は無視して小さいおちんちん♂をタマタマごと掴んで揉んでいると
おちんちん♂が見る見る膨らんでピンピンに勃起しました。

私が『勃起しても小さいね~』とからかうと
『うるさいな~』といっておこっていました

そのあとピンピンになったおちんちん♂を摘んでシコシコしたけど
れでもおちんちん♂の皮は剥けてませんでした

しばらくいじっていると
『んっ!あっあっあん』っと可愛い声で喘いで

おちんちん♂がピクッとした瞬間
『うっ』っというと皮の間から精液が湧きだしてきました。

私が『気持ち良かった?』ときいてもハァハァ言っていて答えません。
イッタにも関わらずおちんちん♂はまだ元気だったので、剥いてしまえと思って一気に剥いてしまいました。

エイジのおちんちん♂はまだ幼いのか剥くと凄く痛がります。

そこがまた可愛いんですが私はまだ元気なおちんちん♂を摘んで皮を下にゆっくり下ろしていくと真っ赤になったベタベタの亀頭が見えてきて半分位剥くと皮がツルンと反転しておちんちん♂の皮は完全に剥けました。

おちんちん♂は真っ赤になって私の手の中でピクピク痙攣していました。
エイジは剥いただけで痛いのか『うっん~』って言ってました。

カリの下には白いカスが沢山たまっていたので
指でカリの下をなぞる用にカスを拭き取ると腰を引いて

『お姉ちゃん痛いよ』っていってきたので
『じゃあ気持ちよくしてあげる』といって

真っ赤になったおちんちん♂に最初は舌でおしっこのでる穴を刺激したら

『痛い痛いしかもそこおしっこでる穴だからきたないよ』

っていうのでカリを舐めたりシワシワのタマタマを舐めたりして焦らしているとハァハァ言いだしたたのでおちんちん♂をくわえてフェラしたらまた直ぐにいってしまいました。

これ以上やると可愛いエイジが壊れてしまいそうなので止めました
その後、おちんちん♂を拭いてあげて皮を元に戻してあげてパンツとズボンを履かせて上げました。

その日の夜はエイジとお風呂に入りエイジのおちんちん♂を洗ってあげました。

もうその時にはいつもの小さくて可愛いツルツルのおちんちん♂に戻っていました。
もちろんおちんちん♂は私が洗って上げました。その時

『剥いちゃおっかな~』

といって剥いたらかなり痛がりました
皮の中は痛々しく真っ赤になっていました。

そのあとはもちろん皮をもどしていつもの可愛いおちんちん♂に戻してあげました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする