愛する父と最高のセックス

高校2年の時母親が亡くなった。

姉がいたが、家を出て一人暮らしとしていたため、父親(45)との二人暮らしになった。

時々、会社の女性から電話が入るようになると、嫉妬心がでてきて、今まで感じたことがない・・・父を誰にも渡したくない・・・という気持ちが湧いてきた。

ある日、父から、今夜仕事で帰れなくなった。きちんと鍵閉めて休みなさい。との電話が入った。

女性と一緒なんだ・・・と思い・・・想像すると、眠れなくなってしまった。

朝、帰ってきた、父は、きちんと髭が剃られていて、女性と一緒だったのは、明らかだった。

父を問いただすと、結婚を考えていることを私に打ち明けた。

私が、思いのすべてを、喚き、お父さんを愛していることを打ち明けると・・・

父も、本当は、私がだんだんと、母親に似てきて、変な気持ちになってきていたこと。このままだと、危険な関係になってしまうと思い、他の女性を好きになる努力をしていたことを、打ち明けてくれた。

お互いの気持ちが分かると、抱きしめ、熱い口づけを交わした。

私は、初めてではなかった・・・

父は、経験済みであったことを、知らなかったため、少し怒っていたが・・・逆に、激しさを増し、舌を差し込み、絡めてきた。

タバコくさかったが、父の慣れたにおいは心地よかった。

リビングのソファに座った父に抱っこされるように、父に向い合せにすわり、制服に着替えていたが、ブラウスの上から、父は胸を揉みしだいてきた、我慢できなくなったようで、スカートからシャツを引出し、ブラをずりあげると、あらわになった、胸を見て、ママに似て、大きいな・・・と嬉しそうに言うと、激しく、揉み、むしゃぶりついてきた。

すると、私を横にし、乳首を舐めながら、スカートの下に、手を差し入れ、ショーツから、片足を抜き、しげみの中に、指を這わせてきた・・・

私は、喘ぎながら、体をよじらせると、「お父さんは、男だ、いやらしいぞ!・・・痛くするかもしれなぞ・・嫌じゃないか?」と、聞いてきたが・・・

私が、「いいよ・・・」というと、

着ていたスーツを脱ぎ、パンツも脱ぎ、Yシャツは着ていたが、下半身は、勃起したものが、そそりたっていた。

父は、私の、スカートの中に顔をうずめると、最初は優しく、割れ目にそって舐めてくれたが、少しづつ、舌の動きが激しくなり、私の足を開かせ、押さえつけると、舌を尖らせ、敏感な部分を執拗に、せめてきた。

私は、反動で足を閉じようとするが、父の力で、押さえられ、体がビクンビクンと反応するたび、父の愛撫は激しくなった。

「お父さん、まゆの中にきて・・・」と見つめるようにいうと・・・

「かわいいまゆ・・・お父さんのものだよ・・・」と、ゆっくり、私の中に入ってきた。

父とのセックスは、親子ではなく、完全に、男と女となっていた。

一度、果ててしまったが・・・私が、おねだりして、父のものを口にふくむと、すぐに復活してくれた。

その日、父は、会社を休み、私は学校を休み、一日、獣のように過ごした。

それから、4年が過ぎているが、今でも、父との性活が続いている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする