AX 隠しておいたエロ本が姉に見つかり近親相姦 | 告白!みんなの近親相姦体験談

隠しておいたエロ本が姉に見つかり近親相姦

今から6年前の事なんですが、高1に上がっての今頃の日曜に両親は親戚の用事で早く外出し、家には6歳上のOLの姉と二人きりでした。

僕は友達から借りた何冊かのエロ本を隠しておいたのに、何処にやったかと、探している所に姉がその本を持ってきたではないか……。

やばい見つかってしまった、どうしようとそわそわしてると、姉がこの本買ったのと僕の目の前に出した。

買ったんじゃなくて友達に借りたんだと必死に言うと、そんなに力んで言わなくても分かるよ、だいぶ見たような本だからと言いながら捲りながら中身を見ていた……。

ふーんと言いながらあるページで手を止め、これじゃお前らの年代の男の子が一番見たい所が何も分からないもんねと言い、そのページを僕の方に向けた。

そこには裸の女の人が大きく足を開いてるのが写ってたが、オマンコの所は修正されてて毛は見えるがわからないようになっていた。

僕はそんな本を何時も見てると思われたくなくて、返さなければいけないから早く返してと取ろうしたが、私も見たいからと言いながらパラパラとページをめくって見ている。

しばらくして、姉が見たい所が見えない本を見てると「体に悪いよ。」と独り言を言ってた。

一寸間を置き僕の方を見て、「写真より本物見たくない?」

僕もそれはそうだけど……、うんとも言えず黙ってると、「姉ちゃん見せてあげようか~?」といたずらっぽい目で僕を見る。

僕、沈黙……。

「黙ってても分からないのよ。見たいの、見たくないの?」と聞くので、「見せてくれるなら、見たい。」とぼそっと言うと、「リビングじゃ、裸になれないから私の部屋に行こう」と、姉。

姉に付いて行き部屋に入り僕が窓を締めようとすると暑いから少し開けておいてと言うので半分位開けておいた。

姉が言う。「脱いだほうがいい、お前が脱がす?」

「どっちでも……」

「それじゃ脱ぐね」と言い、Tシャツを脱ぐとノーブラでしたので大きなおっぱいがすぐ出てきた。

小5、6まではよく一緒に風呂に入ってた。その頃姉は高校生なのでおっぱいの膨らみやまん毛、あそこやお尻のアナは何時も見ていて気にならなかったが、その日は今までとは違う感覚に襲われた。

妙に心臓がドキドキし呼吸が早くなる。

ベットに腰掛けて触っても良いと言うので、触ってみるとプヨプヨして柔らかい乳首はあまり大きくないがポツンと乗っかている。

それを指で左右に撫でてると「あんまりやると気持良くなるから止めてと」言うので手を離した。でももっともみたかったし、吸ってもみたかった。

今度は「下脱ぐね。」と言い、スウェットを脱ぐと水色の生地の薄いショーツを履いていたが、まん毛が黒く透けて見える。その時の僕のチンチンはズボンの下でパンパンになり、緊張と興奮で心臓はバクバクし呼吸はハーハーしていた。

ベットに仰向けに寝てショーツは僕が脱がすように言い、腰を浮かしてくれた。

両手をお尻の方にやり下げると程なくして逆三角形のまん毛が出てきた。

僕の興奮は限界に達していたチンチンは破裂するのではないかと思うくらいパンパンに成ってた。

その時も姉は触ってもいいと言うので恐る恐るまん毛に手をやるとふさふさして気持良かった。

すると姉が自分の中指の腹でクリトリスを円を書くように回し、「ここは女が一番気持ち良い所、自分でやっても良いし、人にやって貰うともっと気持いいのよ。触ってみる?」自分の指を離し僕の指をそこに持っていき当てた。

中の方に小さなコリコリしたものがあることが確認できた。

そのコリコリしたのがクリトリスよと教えてくれた。

「これじゃお前が一番見たい所が見れないね。」と言いながら、膝を立て股をM字に大きく開き「写真で修正してた所見えるでしょ。しっかり見るのよ。」なんじゃこれと思ったが、割れ目からは気色悪いビラビラが出てた。じっと見てるとなんだか濡れてきた。

「舐めてもいいよ。何だか濡れてきちゃった。」もう初めてだったけど、夢中で舐めた。姉が声を出して感じていた。

今までパンパンだった僕のチンチンがますます固くなっていくのがわかった。これが雄の本能なのか。もう我慢できなくなって、ずぼんとTシャツを脱ぎ捨てて、姉と同じすっぱだかになった。

「あら、お前も脱いだの?あたしもなんだかしたくなっちゃった。」と言って、かばんからコンドームを取り出した。姉が処女でないことはわかっていたが、俺はまだ童貞、姉がチンチンにコンドームをはめてくれて、導かれるまま、初体験・・・・。

最初はあまりの気持ちよさにすぐに発射、「あー、もういっちゃったの?仕方ないね。もう1回する?」姉がコンドームをはずし、大量の精液に驚きながら、処理してくれた。もう一度は姉が大きなおっぱいを触らせてくれたので、すぐにチンチンがカチカチになり、またコンドームをはめてくれた。「今度は腰を動かすのよ。」と言い、姉が下になって、もう一度導いてくれ、AVのように正常位で腰を動かすと姉が「あー。」と感じている姿を見たら、また発射・・・・・。

5分くらいだったか、何回もやらせてもらえないと思い、もう一度お願いしてみた。姉は黙っていたが、もう一度したいと強くお願いすると、69をしてくれた。勃起すると、なぜか今度は生で、バックをしてみたくなった。3度目は生で後ろから入れた。さすがに長持ちし、「いきそうになったら、抜くのよ。」パンパンと後ろから獣のように突きまくり、おっぱいも後ろからもみまくった。姉が感じているようだったが、かまわず突きまくって、行きそうになったので、ぎりぎりに抜いた、ほとんど出なかった。

もう一度最後といってお願いすると、明日にしようと姉が言ったので、あきらめて、次の日夜中に裸になって姉の部屋に行くと、姉も裸だったので、コンドームをつけて、3回やってから裸で抱き合ったまま、寝ちゃった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする