寝てる母にイタズラしてた子供の頃のいい思い出

家は貧困の母子家庭で、アパート暮らしだった。

母と兄弟3人でくらしていた。

性に目覚めたのはたぶん小5ぐらいだった。

両親が離婚する前に、何回か両親がSEXしているのを目撃した事があると、言ってもたぶん胸もんだりしただけだったと思う。

家でネットでしょうもないエロいゲームやらエロ本で簡単な知識を得た。

それに女の胸に関しては興味があった。

この時小5、ついに実行に移そうと思った。

まず手をつないで寝ていた俺はつないでいる手を息子のところに持っていき、離した。

そうすると母は息子を触ったり亀頭を触ったりするわけだ。

(普段からケツを触られたりズボンを脱がされたりしていた)それによって快感を得ていた。

そして、今度は胸をさわろうと思った。

どうしたら触れるか考えた結果母の仰向けしている状態に横から抱きつくような状態になる。

そこからじょしょに手を胸に持っていく。

この方法を実行すると服の上から胸を触ることができた。

母は若干太り気味のぽっちゃりおばさん体型だったので胸はあるほうだった。

ちなみに一夜で全部やったわけではない。

俺は、エロ本のことを思い出し直接揉んでみようと思った。

前の方法を応用し、まず抱きついたかたちから服に手を入れた。

そしてゆっくりブラまで手を持っていき、邪魔だなと思ってブラの下に手をいれた。

そうすると指先が胸にあたり少し焦った。

やわらかく、もしかしたら起きるのでは?と、いろんな感情があった。

そのあとブラ、手、胸と手を挟んで軽く揉んでみた。

すると触ったことのない柔らかさにびっくりした。

親の性行為を思い出すと母は胸を揉まれるだけで喘ぎ声を出していた。

だが、声を出すことは無かった。

何回か揉んだあと、やめて普通に寝た。

俺は胸だけでは物足りなかったのかマンコを触ってみようと思った。

そして別の日にふと夜中に目が覚めた俺は実行に移した。

これまで実行してきたのはすべてふと目覚めた時の話であるまずはいつもの状態を作り、そこからまずズボンに手を入れる。

そしてじょじょに奥に手をいれていき、マン毛あたりを手で覆う形になった。

それだけで満足だった当時はマンコの位置がわからなかっただが、満足仕切れていなかったらしく次は直接触ってみようと思った。

いつもの状態から今度はパンツに手を入れて奥にゆっくり進めた。

すると、マン毛にたどり着きすごく興奮した。

ただそこからマン毛を適当に触りどうしようもなかったためやめた。

だが、すでに性に目覚めていたのでこのようなことを中1ぐらいまで続けていた。

中学に入ると自慰行為を覚えた。

いろんなものをオカズにしたが、夜中にふとあの行為を思い出した。

まず、手をつないで寝た。

そして、夜中に起きた俺はズボンを脱いだ。

フル勃起した息子を母の手で掴ませるように手を誘導した。

すると、掴まれているだけなのにとてつもない興奮を感じることができた。

そのまま、母の手首らへんを掴み上下にさすった。

手コキをされている感覚になり俺はすぐに果てた。

当然仰向けだったため母の手に精子がかかりまくった。

が、俺は母の手をどかし、その手を放置してすぐに寝た。

それから夜目覚めたら、母に夜這いし悪戯しくまくった。

乳首をつまんでみたり、パンツの上からマンコを触ってみたりした。

だが、あの手コキはあれ以来成功していない。

寝返りを打たれたり、軽く目が冷めていたのか、嫌がったりしていた。

もちろんそれ以上のことはしていなくてリアル挿入の母子相姦までには至らなかった。

しかし、いい経験だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする