母を女として意識するようになった

母は現在、43歳でオレが中学2年の時に父と離婚してそれからずっと母は1人身だ。

オレもよく、近親相姦物のサイトを楽しんで読んでいます。

読んでいるうちに、次第にいつも身近にいる母に性欲を感じてきてしまってきてて、自分でもこれから先、(まず、ありえないだろ)と思っていたのだが不思議な事に母を見る度に異性というか性目的の体と意識をしてしまっていた。

オレ自信22歳になって、過去に女性と3度しか経験が無く最後にセックスをしてから、2年以上も経っていた。

最初の頃はPCから捨てアドレスを使って、オレのチンコの写メを母の携帯に送っていた。

勿論、母にバレないように、どこで撮ったかなどオレだとバレないように撮った。

本文にオレと同じ歳を記載して「22歳の射精する瞬間です。見てください。」みたいな事を母宛てに送った。

オレの後に母が風呂に入った日に、オレはPCで母の携帯へとオレの射精する動画を転送した。

この日は、かなり時間が経ってようやく母の携帯が鳴った。

オレ:「母さん!携帯鳴ってるっ!」

母:「ん?聞えない!何だって?」

風呂のドア越しで母が言ってきた。

オレは母のメールの着信音が鳴った携帯を脱衣所まで持って行き

オレ:「携帯鳴ってるってばっ!」

母:「メールだからそこに置いといて。」

勿論、オレはこの着信音がメールだと分かっていた。

母はこの手の機械系が苦手で、設定なんかも今までオレがしてきた。

オレは母の携帯を母の服の上に置いて脱衣場のドアを母にワザと聞えるように、「バタンっ!」と音がなるように閉めていかにも、この場から離れましたと思わせ、オレはゆっくり脱衣場のドアを音がしないように慎重にドアを開けた。

母が気ずかれないように母の携帯のメールの着信履歴を見た見た。

まだ、何件かオレが送り続けたオナニー動画など残っていた。

さすがに、母もメールの削除の仕方くらい分かってるハズなのに最近のメールや、数週間前に送ったメールなどがまだ残っていて、それら全てが開けられていて、母は少なくともオレが捨てアドレスで送ったメールを見たのだと確信した。

風呂場のドアガラス1枚の向こうに母が全裸でそこにいる。

母のかけ流す湯の音や体を洗っているだろうと思われる音を聞きながら、色々想像して、オレは脱衣場で股間に手を入れてイジり始めていた。

このリアルに感じられるすぐ近くに全裸の母がいて、いつ母がドアを開けてくるかもしれない状況なのに興奮していた。

お湯をかけ流す音が一旦消えて急に音が全くしなくなった。

オレは(今、湯船に入ってるな)とそう思っていたが、(いや、まてよ。湯船に入るような感じの音がしなかったな?)オレは風呂場の曇りガラスのドアを見た。

まだ、そこに母の全裸のシルエットがあった。(何だ、やっぱまだ風呂に入ってねーじゃん)

全く音がしなくなって、しばらく時間が経っていたのでオレは(てか、何やってんだ?)そう思えてきた。

すると、風呂場から「ピチャピチャピチャ・・・・」と小さな音が聞えてきた。

オレは何の音だろ?ってずっと不思議に思っていた。

そのピチャピチャの音が聞えてから数分くらいしてから母の「はぁ・・・はっ・・はっ・・・」とても小さな息使いみたいなのが聞えてきてオレは(・・・・!!?)一瞬でそれが何なのか分かった。

オレは血の気が引いていく感じで、心臓が激しく鼓動していた。

母が風呂場でオナニーをしていたんです。

曇りガラスドア1枚とはいえ、初めて母のオナニーの瞬間を目の当たりにして、オレは今までにないくらい興奮していた。

初めて聞く、母の息使い・・・。

マンコから音がしてるであろうと思われる音。

オレは、そんな母の息使いと音を聞きながら夢中でオナニーをした。

オレは勝手に妄想して(母さんも、オレが送ったオレの射精するところ思い出してオナニーしてんのかな・・・)

母がオレのチンコをオカズにしてオナニーしてるって思えてくると、なんか嬉しくなってきた。

ドア1枚のすぐ近くで、親子2人で一緒にオナニーしてるって思うとメチャクチャ興奮してきて、射精する勢いが止められくなり(ぅ・・・母さんオレイクっ・・!)激しくオレのチンコが脈打って、そのままズボンの中で大量に射精してしまった。

これまでの射精の感じ方とは少し違っていて、(母さんイクっ!)って母を想像して射精したら、これまでとは違う別な快感を覚えた。

いつものオナニーなら一回射精すれば満足して萎えてくるのに、この時は射精後でもずっと勃起が続いていた。

それ以来、母のと息を思い出し母のオナニーする姿を想像しながら毎日、オレはオナニーをしてしまっていた。

それからというものの、オレは母との近親相姦の事がずっと頭から離れなくてそれから、毎日のように母の携帯へとオレの射精する動画を送り続けた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする