AX 寝てる隙に互いのあそこを観察し合う高1と小6の兄妹 | 告白!みんなの近親相姦体験談

寝てる隙に互いのあそこを観察し合う高1と小6の兄妹

10年ほど前のことですが僕と妹のことを書きたいと思います

当時僕は高1で妹は小6で仲は普通かなという兄妹でした

僕は中3からオナニーするようになってましたが

妹を女性としてみることはありませんでした

それがなんと妹の方から・・・

本当に暑い日の出来事でした

僕は帰るとシャワーを浴びてパンツ一枚で

リビングに寝転がってTVを観ながらくつろいでいました

他のお宅ではどうかわかりませんが

うちではパンツ一枚でいることは普通のことです

するとそのうち遊びに行ってた妹も帰ってきました

「今日も父さんたち遅いって」

「じゃあマック?」

「いやそうめん用意してあるって」

ボーっとTV見てたら僕はだんだん眠くなってきて

知らない間に寝てしまいました

そのうちなんだか下半身がむずむずするなと思い

目を覚ますとなんと妹が僕のパンツをずらして

ちんちんを見ているではありませんか

何故か気まずくてすぐに目を閉じました

あの瞬間のことは今でも忘れられないのですが

僕はひとまず寝たふりをすることにしました

ただ興奮でちんちんは大きくなっていきます

両親が帰ってきたり僕が起きたらすぐに

元に戻せるようにパンツの端を持ちながら見ていたのです

状況を整理するとこれがはじめてじゃなかったのかもです

眠りが深いことは妹も知っていたことです

あとはいびきなど演技をしながら

もしかして触ってくるのかなと思いながら寝たふりでした

大きくなったちんちんを人に見せるなんてことは

今までなかったので興奮がおさまりそうもありません

そのままでもよかったのですがもうオナニーしたくて

たまらなくなり寝返りを打って白々しく起きました

ちんちんは出たままですが自分で出したようにサッとはきました

「あっいつの間にか脱いでたなおまえ見たな」

「えっ何を」

「いやいいやトイレトイレ」

トイレに入るとこするまでもなくすぐに発射しました

それ以降は妹を見る目が変わりました

妹も女なんだと気付きちんちんに興味があることも

とにかくHな目で見てしまうことになりました

今までは友達から借りたDVDとか本とか

僕が一番興奮してたのはHな小説でした

クラスのひとりがHな小説をそのままパクって

名前だけクラスの女子の名前にしてわざわざ

プリントアウトして配っていたのでそれをネタに

オナニーすることが多かったです

そんな小説よりもリアルなHな対象が妹になりました

まず妹のいない時に部屋に入って下着を物色しました

はいてみたり舐めてみたりいろいろしながらオナニーしました

家の中で妹を見ても胸とあそこにしか目がいきませんでした

そして僕はまた妹に見られたいと思うようになりました

妹の裸が見たいとも思ってましたがまだ勇気がありませんでした

休みの日朝から両親が仕事に出かけたので今日しかないと実行に移しました

ただ妹が見てくれるかどうかは妹次第です

昼ごはんを一緒に食べてから

「あ~今日も暑いなぁ俺シャワー浴びるわ」

「本当暑い!」

「なぁアイス買ってこいよおごるから」

「何でもいいの」

「あぁ俺はガリガリくんなサイフそこだから」

妹にHな気分になってもらうために実はサイフにも仕掛けておきました

開けると女性のおっぱい丸出し写真が見えるようになっています

妹が買いに行ってる間にシャワーを浴びて

一番ゆるそうなトランクスをはいて寝ながら待ちました

すると妹が帰ってきます

「お兄ちゃんこれ」

「あぁちょっと俺眠くなってきたから冷凍庫入れといて」

「うんわかった」

「あっ1時間くらいしたら起してくれよ」

「うん」

僕は寝たふりに入りました

仰向けで寝ているのでちんちんに目がいきやすくなってるはずです

ただアイスを食べているのかなかなか近寄ってきません

でもきっとこっちは見ていると思いパンツに手を入れてちんちんを掻いてみました

正直妹が脱がさないなら自分で脱いでしまおうと考えていましたが

20分ほど経った頃でしょうか妹が近くに寄ってきたような気配を感じました

そして妹はパンツをつまみゆっくりちんちんを出していきました

僕はもう大興奮です

そしてその日はすぐに触ってきました

袋の方からぎこちない感じで触って

あと先っぽあたりを触っているときかなりちんちんは大きくなっていました

起きて妹を問い詰めるのも面白いなと思いましたがその日はそのまま触られていました

そして1時間後に起されました

「あー寝たなぁありがとな起してくれて」

「ううん」

妹の返事はあきらかに動揺してるようでした

そのトランクスはゆるいのですわると袋が少し出てる状態でしたがそれを見せながら話しました

実はその日はそれで終わりませんでした

とにかく暑い日で妹も疲れて夕方には寝てしまったのです

リビングで足を大きく開いてうつぶせで妹が寝ています

もちろん足の方に行きました

タオル地のショートパンツからパンツがのぞいています

僕はまた興奮してきました

多分起きないだろうと思いそこでオナニーしてみようと大胆なことを考えました

もう暑さでおかしくなってきてました

ティッシュを用意して妹を見ながらちんちんをこすりました

ただもう暑さでリミッターが外れてしまいました

妹のパンツを少しずらして中を見てみようと思いました

かなりドキドキしていましたがいつ起きるかわかりません

もし見つかったらさっきちんちんを見てただろうと言ってやろうと覚悟を決めました

すこし妹のパンツは湿ってました

この暑さなので汗でしょう

そしてようやくパンツをつまんで横に少しずらしました

左手でずらして右手でちんちんをこすっているので

飛び散ってしまうと思いティッシュでちんちんを巻きました

もう何がなんだかわからない妹のあそこを見てものすごい勢いで発射しました

それでやめておけばいいのにその日はまだ続けました

妹もさわったんだから僕も触ろうと考えました

もうバレてもいいくらいの勢いです

今度は左手でパンツをつまみ少しずらして

右手の人差し指であそこをさわってみました

汗なのかとにかく濡れています

あとおしりの穴も見えててとにかくいやらしかったです

結構大胆にさわりながらまたそこで発射しました

このとき妹も寝たふりしていたということは

最近話した時にはじめて知りました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする