かわいい孫の筆おろし

私はまだ44歳、16歳の時に結婚してすぐ娘が産まれ、その娘も18で結婚。

初孫はもう中学一年生。12歳です。

四十路だというのに、おばあちゃんなんなんて呼ばれるのは最初はちょっと抵抗がありました。でも孫から言われるとやっぱり嬉しいんですね。

主人とは離婚してすでに10年立ちます。

少し前から娘の家庭が亭主の浮気で滅茶苦茶になり孫の浩一がしばらくの間私の家にくることになりました。

昔から可愛がっているのでなついており心配してはいませんでした。

久々に一緒に住む人ができて私は楽しみが増えたのです。

初日に「おばあちゃんとお風呂に入ろう」といわれて何の意識もせずに一緒に入りました。

でも驚いたことに浩一のオチンチンの周りにはうっすらと陰毛がはえ、オチンチンもそれなりに縮んではいても黒く大きくなっていたのです。

ちょっぴり心の中に疼きが・・・。

浩一も私の裸を何かなめるような目つきでみていました。

私が頭を洗い浩一と交代しようとするとなんと浩一のオチンチンが勃起していました。

きっと私の裸を眺めて興奮したのでしょう。

私も目のやり場に困りましたが、浩一も身を縮めて勃起したオチンチンを隠そうとしていました。

「浩ちゃん、いいのよ男の子なんだから」

「浩ちゃん、お母さん以外の女の人の裸みるの初めて、あっ昔は私とよくお風呂入ったよね」

浩一は小さくうなずきました。

「オナニーやったことある?」

私は大胆にも恥ずかしい言葉を出しました。浩一はまた小さくうなずきました。

私はそんな浩一がいとおしくなり、湯船からでると浩一の前に跪き、堅くとがったように勃起したオチンチンを握り、仮性包茎で皮がかぶっている亀頭を剥きました。

「痛いよ。おばあちゃん」

浩一は少し腰を引きました。

「こうして皮剥かないと不潔なのよ。女の子に嫌われるよ」

といいながら私はゆっくりと浩一のオチンチンを上下にスライドさせました。

浩一はじっと目を閉じてなすがままに身を任せています。

「こんなに大きくなって。もう立派な男の子だね」

そうです。子供のくせにけっこうオチンチンは太くそして堅くいきり立っていました。

口にほおばれば…おまんこに入れてもらえれば…どんなに気持ちいいか…

私は実の祖母であることも忘れ、孫のオチンチンの感触を手で味わいました。

「おばあちゃん。もうだめ。出そう」

と浩一はつらそうにうめきます。

「いいのよ。ここで出していいのよ。我慢しないで。おばあちゃんにかけて」

というかいわないかの間にピュッピュッ、と噴射ともいえるほどの大量の精液が私の顔と胸にほとばしりました。

「浩ちゃん気持ちよかった?」

と聞くと浩一は大きく頷きました。

この後身体がさめるので無理して2人で湯船に。

浩一は私の95センチもあるオッパイに武者ぶりつきました。

「おばあちゃんのオッパイ大きいね」

私は時折浩一の歯が乳首に触れるたびに全身に快感が走り水の中とはいえ自分でもおびただしい愛液がおまんこからあふれているのを実感しました。

「浩ちゃん、女の人とエッチしたい?」

と聞くとはにかみながら頷きます。

「浩ちゃん、お母さんや他の人に内緒にするならおばあちゃん教えてあげようか」

と聞くとまた頷きます。

「こんなおばあちゃんでいいの?」

と聞くと

「僕おばあちゃんのこと大好きだし、おばあちゃんきれいだし・・・」と言ってくれたのです。

この一言で私は決心がつき、越えてはならないものを飛び越えることにしました。

理性よりも身体の疼きが優先し、かわいいたった一人の孫の筆下ろしをすることに決めたのです。

孫の浩一を先に湯船から出し私は身体を洗って後から出ました。

居間にいくと浩一はパンツ1枚で待っていました。私はパンティの上にバスタオル姿です。

「おばあちゃんの部屋においで」

というとおとなしくついてきました。

布団をひいて浩一を寝かせます。つい少し前に射精したばかりだというのにパンツははっきりとわかるほど盛り上がってテントを張っていました。

バスタオルをとると浩一の目の前に中年太りの恥ずかしい裸体をさらけだしました。

浩一の目は大きな胸に釘付けです。

浩一の手が乳首に伸びてちょっとさわられただけで乳首が疼き、おまんこに伝わります。

浩一に胸をもてあそばれながら私は浩一のパンツを脱がせます。

ピョンとオチンチンがまるで凶器のように飛び出します。

いとおしく頬ずりして、孫の性器を頬張るなんて、みだらな祖母かと思いつつたまらずに口に含みます。

久しぶりでした。何年ぶりでしょうか。それも若い男のまだ童貞のオチンチンです。

ねっとりと唾液を絡めて味わいました。

浩一は胸を強くつかんだり乳首を指で挟んだりして大きな乳房をもてあましているようでした。

十分に堅くなったところを見計らって我慢ができないのでパンティを脱いで浩一にまたがりオチンチンをつかんで上から挿入しました。

「ああ、おばあちゃん」

「浩ちゃん、今おばあちゃんのおまんこにオチンチン入ったのわかる?」

「うん。中が暖かくて気持ちいい・・・」

「おばあちゃんも気持ちいいわよ。浩ちゃんのチンチンおっきいよ」

「おばあちゃんが動くからね。浩ちゃんじっとしてて」

私は腰を激しくグラインドさせ、浩一のオチンチンをむさぼるように味わい、奥にコツコツあたる感触で上り詰めました。

これまでのセックスとは格段に違う感触、若いオチンチン、そしてそれは孫、私は初めての女・・・気が狂いそうになるほど興奮しました。

「ああ。おばあちゃん出そうだよ。僕、もうだめだよ」

「出していいよ。無理しないで。おばあちゃんのおまんこに注いで」

私は浩一に抱きつくと唇をむさぼり、腰を激しく打ち付けました。

「出る、出そう。出るー」

というとおまんこになま暖かい精液の流れる感触が伝わりました。

孫の筆下ろしに私は自分のおまんこを使ってもらえたのです。

私は余韻を楽しんでいました。すぐに抜きたくはなかったのです。

すると少しずつ浩一のオチンチンが大きくなり始めました。

私は浩一を抱いて身体を反転させると、今度は浩一が上になって私の胸に愛撫し始めキスをしてくれました。

そしてぎこちなくテクニックさえない腰の動きですが、激しく腰を打ち付けておまんこをかき回します。

私はまた半狂乱のように悶え、浩一の激しい挿入に腰を浮かし振りました。

私の愛液とさっきだした精液で隠微な音が鳴り響き、何ともいえない濃密なにおいが寝室に充満します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする