AX 父親の子供を堕ろした辛い経験 | 告白!みんなの近親相姦体験談

父親の子供を堕ろした辛い経験

私は堕胎した事があります。

父親との子供でした。

もちろん母親には父親との子供とは言えませんでした。

当時の彼氏との子供という事にして堕胎させられました。

父親といっても母親の再婚相手なので、本当の親子ではありません。

父親は私が中2の時に一緒に住むようになりました。

5歳の時に本当の父親が出て行ってからは、大人の男性が一緒に住む事などなかったので、思春期の私には抵抗があって、同じトイレ同じ風呂を使う事が嫌でした。

でも一番嫌だったのは、深夜に母親が水商売から帰ると、母親らの部屋から聞こえてくるあの時の声でした。

市営団地の小さな部屋ですから、嫌でも聞こえてくるし、当時は経験のなかった私でも、行われてる行為はどういう事なのかは知っていたので、嫌悪感でしかありませんでした。

それから高校生になってすぐに、彼氏が出来ました。

私も経験をして少し快感がわかるようになってきた頃に、母親の声を聞いてると少しずつ私も身体が反応してきて、自分で慰めてるようになってました。

そうなると段々と父親への嫌悪感も減ってきて、話し掛けられても普通に話せるようにもなり、今までは食事を済ますと部屋にこもってた私でしたが、食事後も父親と一緒にテレビを見たり色々な会話もするようになってました。

私が父親と初めて関係をもった日は日曜日で、母親が仕事のお客さんとゴルフに行って留守中でした。

お昼前に起きると父親が私を部屋に呼ぶので、部屋に入ると手を掴み布団に押し倒されました。

私は驚き抵抗もしたのですが、父親の愛撫と初めての玩具の快感に抵抗する力もなくなり、父親と関係をもちました。

終わると父親は謝ってましたが、私は無言で自分の部屋に行きました。

血は繋がっては無いけど、父親に犯され辛いのと母親に悪いと思いながらも、数日して母親が留守の夜に父親は私の部屋に来たのですが、そのまま父親に抱かれてました。

母親にも彼氏にも誰にも言えなかったので、関係は続いてると生理が来なくなって、検査薬で陽性だったので父親に言うと、堕ろしてと言われました。

悩みましたが妊娠した事を母親に打ち明け、彼氏との子供という事で、彼氏の両親を交え話し合いの結果堕胎しました。

それが原因で彼氏とは別れましたが、父親とは私が高校を卒業して家を出るまで続きました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする