実の娘に夜這いしてくる異常な父

誰にも言えない…恥ずかしくて相談もできません。

こんな事を母親に知られたら、両親は離婚してしまうかも!!

私は父が好きだけど、ハッキリ言って離婚した方が良いと思います。

母が可哀想なんです。

実は私…中学三年ぐらいから父に夜這いされてます。

本当は、私がいけないのかもしれません。

私がお風呂から出て、テレビを見ながら濡れた髪の毛を乾かしていたら、

近くに座ってた父が…「お前、可愛くなったな。」と言ってくれました。

いつもは「バカ」「女の子らしくしろ」「結婚出来ない」とばかり言ってました。

私は父に「今日は変だね♪」と言いました。

父がニコニコしながら部屋から出て行ったので、もう寝るのかな?と思い、私は部屋で大胆にもお風呂あがりで濡れたTシャツを脱ぎ捨て、

首にバスタオルを巻き、ブラジャー姿でテレビを見ていたら…知らない間に寝てしまったみたいなんです。

この時は冬~春になる季節の変わり目で、我が家ではコタツが出てました。

私はコタツの中に潜り込み、顔だけを出して寝てました。

その時です!!

父が部屋に入って来ました。

私は部屋のドアと父の足音で目が覚め「うわ!まずい…」とコタツで寝たふりをしてましたが、

父が「テレビを付けたまま寝るなよ。寝るなら布団で寝ろ!!」と私を起こそうとしてました。

父が私の横に座り、コタツに入ってきて…上半身裸のお腹部分に父の手が触れてしまいました。

父の手が私の上半身を確かめてました。

くすぐったいのですが、私は抵抗しないで我慢してたら…私の胸に手を乗せ、撫でてきました。

そして、父の手が止まったと思ったら父が私の体を少し引き上げ、膝枕してくれ…私の背中と頭を撫でてました。

父の手が私のブラジャーを外してしまい…ブラジャーの締め付けがなくなりました。

私は恥ずかしくて…父に何されるのか?泣きそうでした。

父は私の頭を撫でながら、どんどんと男性のアソコまで引き寄せ、私の頭に硬い物が当たり…

私「キモイ!!お母さん助けて~」と言いたかったのですが、怖くて声が出なかったです。

私は父のされるがまま身を任せて堪えてました。

父は無言のまま…ふぅ~ふぅ~と呼吸が乱れて、私の頭を撫で、背中を触り、お腹をなで、

私の胸を直接揉み始め、乳首を摘んだり、左右のおっぱいをワシ掴みで揉まれ、私のパンティーの中に手を入れられ…

私のアソコを指でクチャクチャいじられ…

訳のわからない状態で声を押し殺しながら

私「はぁはぁ…うっ!」

私「あう!はぁう…!」

正直なところ、私は感じてました。

でも、こんなこと許されることじゃないです!

触られるだけですが、こんなの異常です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする