AX 色白でぽっちゃりでエッチな母が大好きです | 告白!みんなの近親相姦体験談

色白でぽっちゃりでエッチな母が大好きです

四十路を迎えた母は、ぽっちゃりだけどとても肌が白く、爆乳で可愛いおばさんって感じ。

最近母は、ダイエットをはじめたらしく夕飯がすむと、Tシャツにタンパン姿でウォーキングマシンをはじめるのです。

汗で濡れたTシャツに、くっきりブラジャーがうつし出され、それがゆっさゆっさ揺れるのを横目でいつも見ていました。

ある日の事、母が僕に向って言いました。

「汗かいたからシャワー浴びてくるけど、ゆうちゃんも、いっしょにどう?」

こんなチャンスは2度と来ないと思い、僕は思わず、

「うん、でもいいのかなぁ?僕、もう17だし母の裸見たら、立っちゃうかも」

といいました。

すると母はニヤリとわらって、

「ゆちゃん、エッチになったのね、お母さんうれしい!」

そう言うと母はお風呂場へと歩いて行きました。

僕は少しためらいながら、母のところへ急ぎ足でついて行きました。

もう、母はTシャツを脱いで、ブラジャーをはずそうとしているところです。

大きいオッパイがだらーんと目の前に現れると、僕のチンポはぎんぎんになり、今にも発射寸前になっているのが分かりました。

僕は、それを母にみつからないように手で押さえながら、パンツを脱いで、母より先に湯船につかりました。

あとから、母が入ってくると、まん毛もオッパイも丸見えで、僕の心臓はもうドキドキしっぱなしで、あの大きな胸に触りたくて仕方がありませんでした。

すると母が、

「ゆうちゃん、いつもお母さんのオッパイ見てたでしょう」

「どう?お母さんのオッパイ大きいでしょう」

「触ってみる?でてらっしゃいよ」

と、僕を湯船から出すと自分の体にシャワーをあて、そしてボディーシャンプーを体に塗り、僕の体にもそれを塗ってくれるんです。

母の大きなオッパイが、僕の背中にあたるのが分かりました。

すると母が、

「あー、ゆうちゃんのおちんちん大きくなってるよ」

「いやらしい事考えてるなぁ・・・うふふ」

そういいながら、僕のおっ立ったちんぽを洗ってくれるのです。

それから、

「お母さんのオッパイも洗ってよ」

といいだすと、僕を前向に立たせました。

僕は、母のオッパイをゆっくりもむように洗うと、母も僕のチンポにまた手を伸ばして、今度はしごく様に上下して洗いっこ。

「ゆうちゃん、お母さんのオマンコも洗ってお願い。。」

そう言うと母は、少し股を広げ僕の手を自分のオマンコに導きました。

石鹸とはちがうどろっとした感触。。。

指をゆっくりオマンコにそってなでるように洗いました。

「あぁぁ、上手よゆうちゃん、はぁぁ」

母は感じてるんだ・・・そう思うと僕は

「お母さん、口でしてよ」

と言うと、すぐに母は僕のチンポを舐め始めてくれました。

根元まで飲みこむように舐めあげられ、金玉も吸いつかれ、やめたかと思うと今度は僕の乳首をべろべろっとなめはじめるのでした。

「どう?ゆうちゃんオッパイも気持ち良いでしょう?」

「今度はお母さんのオマンコもなめてぇぇ」

そう言うと母は湯船に腰をかけて股を大きく広げると、オマンコに手をやりながらぱっくり広げて

「お母さんのオマンコ、なめて!お願い」

「お母さんのオマンコにゆうちゃんのチンポ入れさせてあげるから」

「そのまえに、なめてぇぇ」

僕は、喜んで母のオマンコにむしゃぶりつきました。

「そうよ、もっといっぱいなめて」

「きもちいい!あぁぁぁオマンコかんじるぅぅぅ」

母はうまく舐めれないほど腰をグラインドさせると、自分で自分のオッパイをべろべろ舐めるのでした。

そしてとうとう

「ゆうちゃん、入れて」

「ゆうちゃんのチンポちょうだい!」

「あぁぁぁ、お母さんのオマンコにゆうちゃんのちんぽ、はめてぇぇぇ!」

そうさけぶと、僕の物をつかみ自分のオマンコに持って行くのでした。

母は、いやらしくゆっくり味わう様に腰を使ってきます。

母は横目でちらっちらっと鏡を見ているのいるのが分かりました。

僕もチンポがオマンコに出たり入ったりするのを見ながら、すごく興奮してよりいっそう激しく腰を振り、舌を絡めあうのでした。

「ゆうちゃん!いやらしい」

「ほら、鏡にゆうちゃんのちんぽがお母さんのオマンコに入ってる所が丸見えじゃないの。あぁぁ」

「もっと見て、お母さんのオマンコ!あぁぁぁ」

未熟な僕はすぐにいきそうになりました。

「お母さん出ちゃうよ!」

すると母は

「はぁぁ、ゆうちゃんのちんぽおいしい」

「出していいのよ、いっぱいちょうだい」

「ゆうちゃんのザーメン、お母さんにぶっかけてぇぇぇ」

そう言うと同時に僕も、母も頂点にのぼりつめてしまいました。

母との関係は今も続いているのですが、それでも母は物足らないらしく、毎夜、僕を目の前にしてオナニーショーをやってくれる。

そんなエッチな母が、大好きです。