AX 勉強そっちのけで一人エッチしてる高2の弟を手伝った | 告白!みんなの近親相姦体験談

勉強そっちのけで一人エッチしてる高2の弟を手伝った

高校2年の弟は今風に言えばイケメンだが、奥手の人見知りするほうで私にとっては可愛い弟だ。

夜遅くまで勉強していたので缶コーヒーを差し入れに部屋に入ると、勉強はそっちのけで一人エッチをしていた。

「何だよ黙って入って来るなよ」

「ごめん、ごめんコレ差し入れよ」

と机の上に缶コーヒーを置くと、勃起したおちんちんが上向いているのが見え

「あんたオナ二ーしてたん」

「そうだけど何か文句ある」

「いや文句は無いけどお姉ちゃんが手伝ってやろうか」

「手伝うって」

こうするのよとおちんちんを握り上下に動かしました。

「自分でやるより気持ちいいわ」

「この体勢じゃやりにくいから」

と椅子を回転させ正面を向かせ、口に含み舌で亀頭を舐めました。

「姉ちゃんむちゃくちゃ気持ちいいよ」

「俺もう出そうだよ」

慌てて口から出して手で擦ると、先っぽからドプューと勢いよく精液が飛び出し1mほど飛んでました。

「元気いいね」

「姉ちゃんにしてもらったからだよ」

「今出たばかりなのにまだ硬いけど」

もう一度口に含んで強く吸い込みました。

今度は私の中で出してあげようかな!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする