AX 姉弟母子相姦家族 | 告白!みんなの近親相姦体験談

姉弟母子相姦家族

以前、娘の部屋から何やら妙な声が聞こえてきて、私はそっとのぞいてみると、娘が息子と裸で重なり合っています。

何やら娘は息子の上で腰を動かしているんです。

「ああん、気持いい。ね。おっぱいもんで。」

息子は答えるように娘のおっぱいをもみます。

私はあとで娘と二人きりになった時に、さっきのことを注意しました。

娘は、

「私たち愛し合ってるんだからいいじゃない。」

って素直に反省する感じはありませんでした。

あれから1週間後ぐらいにまた。。。

私は、興奮しちゃって?部屋にふみこみました。

「あなたたち何やってるの姉弟でしょ?やめなさい。 紗世。このことお父さんに言ってもいいの?」

主人が本気で怒ったら、娘も反抗できないような人ですから、私は一喝したと思ったんですが、娘は、息子への愛撫を中断して、

「ほんとめんどくさいな。彰宏。お母さんとやっていいよ。おねえちゃんが許す。」

「えっでも・・・」

息子は戸惑っていましたが。

「いいからやっちゃいな。しないならお姉ちゃんもうさせてあげないよ。」

息子はそう言われると、私の方にペニスをびんびんにさせたままむかってきました。

「お母さん、そういうことだから」

そういうと私を抱き寄せました。

「ほらお姉ちゃんのベッド使っていいよ。」

そういうと私はベッドにおしたおされました。

「好きなようにしていいよ。」娘がいいました。

「あなたたち、こんなことしてただですむと思ってるの?」

必死に抵抗しましたが、あっという間に私は彼らの前で全裸にされてしまい、息子は今度は自分からせめてきました。

私のおっぱいを吸いあそこに指をいれられ、なおも抵抗する私のあそこにペニスを挿入されてしまったんです。

「いやあああーーー」

私は息子につきたてられながら必死に抵抗していましたが、その場面を娘が何枚も何枚も写真をとりました。

息子のものを入れられてる部分もアップでとられました。

挙句の果てに息子に生だしされてしまいました。

「ああ、お母さん、気持いい。いっちゃうよ。お姉ちゃん、お母さんの中でいっていい?」

「仕方の無い子ね。いいよ。」

あなたが許可することじゃないでしょ?そう思ってましたがまもなく息子の精子をだされてしまいました。

ほんと信じられない。私から抜いたペニスからは精子がぽたっとおちました。

「お母さん、これお父さんに見せちゃおうかな。すっごく気持ちよさそうな顔してる。」

私が呆然としてる横で、

「今度はおねえちゃんを気持ちよくさせてよ。」

そういうと娘は息子にキスをし始めました。

私の横でさっきの行為の続きを始めたんです。

私はその場にいてられなく部屋を飛び出しました。

あれ以来、私は彼らにさからえなくなってしまいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする