三十路の妹が真昼間から従兄とセックス

妹(33歳子供2人)が家の障子を直して欲しいというので、仕事の合間をみて妹の家に行った。

妹から既に合鍵を預かっていて鍵を開けて家に入った。

鍵を開けて中に入るとなにやらリビングの方で人の声が、誰もいないはずだがと思いながら入ってみると、なんと妹が真昼間からリビングでセックスの最中だった。

しかも相手の男は夫ではなく従兄のKだった。

従兄のKは多分この前の結婚式で仲良くなったのだろう。

妹はソファーのに寝かされて激しく突かれていた。

二人ともオレの事が気づかない。

妹は相当感じてるらしく、激しく喘ぎ声を上げている。

なんという妹だろう、昼間から男を連れ込んでセックスしてるとは、しかもあの淫乱ぶり。

妹はピンク色のスリップに黒ピンクチェックのブラ姿だった。

Kは全身裸だ。

しかしKの腰の動きと強さはAV男優のようだ。

Kは同い年の従兄だがまだ独身。

しかもチンポも大きそうだ、激しく突きまくり、あれでは妹はひとたまりもないだろう。

いつから奴らはこんな関係なのだろう。

一ヶ月前に親戚の結婚式があってそこで仲良くなりセックスするようになったと思う。

妹は指の爪をかむような感じで口に手をやり、もういきまくったようで失神状態で声も出ないようだ。

頭がソファーから転げ落ち、Kはさらに激しくピストン運動を繰り返し射精したようだ。

コンドームを外し二人は抱き合い激しくキスを始めた。

妹はもう離さないという感じで両手をKの首に回し、キスキスキスの嵐だ。

舌を絡めたり吸ったり、キスが止まらない。

妹はキスをしながら「好き好き好き」と連呼していた。

俺も激しく射精してしまいもっていたタオルで慌てて拭いた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする