落雷で私の中の男が目覚め義理の娘を寝取ってしまった

私は53歳になりました。

1男2女の子供がいます。

今は同じ敷地内に長男夫婦(一昨年結婚、子無)、隣に我々夫婦、上の娘の3人が住んでいます。

先日私はその息子の嫁と関係をもってしました。

その日、妻の叔父が亡くなり両方の娘あずさ、妻と3人がお通夜本葬と新潟の妻の実家に泊まりがけで出かけてしまいました。

それで、建物は別ですが息子の嫁のあずさと2人きりになることになりました。

あずさは私に気付かい夕食を息子夫婦の家に用意するから来てくれとの事で、夕方の6時半ぐらいに息子たちの家に行き夕食をごちそうになり、さー帰ろうかというう矢先。

突然ドっカーンという雷の音と一瞬の火花、そして同時に停電、そばの息子の嫁のあずさが私の胸に、私もよろけそばのソファーにあずさを下に私が上に、闇の中。

別にいやらしい考えでなくごく自然に、あずさの背中と頭をさすっていました。

「大丈夫だよ」と本当の父親が小さい娘に接するように、言いました。

「ありがとうございます、お義父さん、もう大丈夫です」と言いましたが、私は手を離さずにそのまま体制が心地よくそのままでいたら。

「お義父さん止してください」大声で両の手で私を押し返しました。

その時私の中の男が目覚め、胸の中にいる自分の息子の嫁が、まだ25歳の女に変わりました。

「あずさちゃん、1度だけいい」と言い、ブラウスの中に手を入れ、ブラごと触り、そしてスカートに手を差し入れショーツを脱がせ、そのころからあずさも観念してか、私のなすが儘にしてくれ、私は早急に挿入せねばならぬと思い、少し濡れたあずさのそれに挿入しようとした。

さー入れようとしたらあずさ自身が入れやすいように軽く腰を上げてくれた。

その後時間はわからないけれど、あずさの中に精子を出し終えるといつの間にか灯りは点き、ほつれた髪に半分肩にぶら下げたブラウス、右足の踝の丸まったピンクのショーツのあずさから私の分身を抜くと、そこは濡れぼそり、私の精子が少しだけ白く垂れて、息子の妻との官能的な情事を体験したんです。

それかはら、息子夫婦に子供ができたという報告がもしきたら、恐ろしいような、嬉しいようなと戦線諤々の毎日です。

できればもう一度抱きたい。

息子の嫁とはいえ、何十年ぶりの若い女性とのSEXで私の中に煮えたぎるものが沸々と湧いてきてるんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする